×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スーパーラジコン ランボルギーニ・ガヤルド
スーパーラジコンランボルギーニ・ガヤルドをご存知でしょうか。
スーパーラジコンランボルギーニ・ガヤルドについて詳しく紹介します。



ランボルギーニ・ガヤルド
ランボルギーニ・ガヤルド(Lamborghini Gallardo)は、イタリアの自動車メーカーランボルギーニが製造するスポーツカーである。

ランボルギーニ・ガヤルドは過去に存在したベビー・ランボルギーニのポストを継ぐモデルとして発表され、ランボルギーニ・ガヤルドのデザインはカウンタック以降から強力なパートナーシップを築いて来たマルチェロ・ガンディーニではなく、親会社であるアウディから出向したベルギー人デザイナーリュック・ドンカーヴォルケによって主導された。


ランボルギーニ・ガヤルドの名称は、
18世紀スペインの闘牛ブリーダー(飼育家)であるフランシスコ・ガヤルドから取られている。ランボルギーニ・ガヤルドはイタリア警察高速隊のパトカーとして20045月に採用されている。2007年よりSUPER GTにガヤルドRG-3が参戦。
ランボルギーニ・ガヤルド





ランボルギーニ・ガヤルドの機構・スタイル

ランボルギーニ・ガヤルドの機構・スタイルは、発表前、過去のベビー・ランボルギーニはV8エンジンを搭載したモデルで占められて来たことから、ランボルギーニ・ガヤルドのベールを脱ぐ瞬間まで大半のモータージャーナリストが、ライバルであるフェラーリ・360と同等クラスの排気量(大体4L前後)を持ったV8エンジンを搭載したモデルと睨んでいたが、大勢の予想は大きく裏切られる格好となる。

ランボルギーニ・ガヤルドのエンジンは、バンク角
90°を持つ水冷V10気筒エンジン。ランボルギーニ・ガヤルドはアルミ鋳造製のエンジンブロックは、アウディのものをベースにしているといわれている。ランボルギーニ・ガヤルドは重心を下げるためにバンク角度を広く取っているが、等間隔燃焼を実現するためにクランクピンを18°オフセットし、仮想上の72°バンクを設定している。ランボルギーニ・ガヤルドの排気量は5Lで、ちょうど1L当たり100psを達成する500psを発生、ランボルギーニ・ガヤルドは非常にパワフルなパフォーマンスを誇っている。

しかもランボルギーニ・ガヤルドのエンジンは、ボア×ストロークが
82.5mm×92.8mmという、かなりロングストロークの方向に寄ったものであるため、低回転のトルク特性に優れる特性を持っている。ランボルギーニ・ガヤルドはそれでありながらレッドゾーンは8,200rpmから始まるので、ランボルギーニ・ガヤルドは相当なレベルのドライバリティとポテンシャルを秘めていると言える。




1/6ガヤルド ラジコン


スーパーラジコン 
スーパーラジコンの魅力
スーパーラジコン 
ランボルギーニ・ガヤルド
スーパーラジコン 
ヘリコプター
スーパーラジコン 
エアロアールシー
スーパーラジコン 
スーパーラジコンの楽しみ方
スーパーラジコン 
ホンダ・フィット
スーパーラジコン 
コンコルド
スーパーラジコン 
戦艦大和






Copyright(C) スーパーラジコン ランボルギーニ・ガヤルド All rights reserved